「きなり」に配合されるDHAとEPAの頭脳と血液への効果とは?

「きなり」に配合されるDHAとEPAの頭脳と血液への効果とは? |

「きなり」に配合されるDHAとEPAの頭脳と血液への効果とは?

きなりに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)とは、どちらも魚に含まれる不飽和脂肪酸です。

 

 

不飽和脂肪酸とは、血液の中で炭素同士に二重結合を含む脂肪酸のことで、血液をサラサラにするいわゆる「健康にいい油」です。健康にいい効果としては、中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働き、それに加えて、脳や神経の衰えを防いでくれるという働きがあります。同じ不飽和脂肪酸でも、この2つでは、それぞれ少しずつ働きが異なります。DHAは主に脳の神経細胞の活性化、悪玉コレステロールの減少、脂肪燃焼を促進するといった効果があり、EPAは主に血液をサラサラにする効果があります。
DHAは、「摂取すると頭がよくなる」「脳の栄養素」などと言われます。実際、DHAが不足すると、記憶力や学習能力が低下するということがさまざまな研究で明らかにされました。人の脳内で情報伝達を行う神経細胞には、DHAが多く含まれているためといわれています。さらに、DHAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ、血液をサラサラにし、高血圧や動脈硬化、脳卒中などの予防効果もあります。
EPAは、どろどろの血液を固まりにくくし、サラサラの血液にする効果があります。そのため、EPAは動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの予防効果があるとされています。また、EPAの血液サラサラ効果が頭脳に良い影響を与え、うつ病や認知症の治療に効果があるともいわれています。DHAとEPAは2つとも青魚に多く含まれる油ですが、健康効果の違いから、脳の働きの活性化・血中コレステロール値の減少に効果的なDHA、血液のサラサラ効果の強いEPAが同時に摂れると理想的です。また、DHAは主にウナギやイワシ、マグロなど、EPAは主にホッケメバルなどに多く含まれるなど魚の種類や個体差により、決まった量を定期的に食事でとることは容易ではありません。きなりを効果的に摂取することで、この2つの効果を補うことができます。

 

 

 

 

中性脂肪が血液中で一定量を超えると、動脈硬化を早める原因の一つになります。そういう理由から、中性脂肪の計測は動脈硬化関係の病気とは関係のない暮らしをするためにも、忘れずに受けてほしいですね。マルチビタミンと称されているものは、複数のビタミンを含めたサプリメントなのです。ビタミンというのは色々なものを、バランス良く一緒に身体に入れると、更に効果が期待できるとのことです。
身体内のコンドロイチンは、年齢を重ねればごく自然に低減してしまいます。その影響で関節の軟骨も薄くなってしまい、膝などに痛みが出るようになるわけです。セサミンというのは、ゴマに内包されている栄養成分であなたもご存知のゴマ一粒に1%前後しか含有されないという抗酸化物質である「ゴマリグナン」の構成成分の1つだと聞いています。セサミンには肝臓で生じる活性酸素を消し去り、肝細胞の機能アップを図る作用があると言われています。もっと言うなら、セサミンは消化器官を通る最中に分解されるような心配も不要で、完全なる状態で肝臓に到達することが可能な有り難い成分でもあるのです。

 

 

 

病気の名称が生活習慣病と決められたのには、病気の原因をなくす為にも、「あなた自身の生活習慣を直し、予防に勤しみましょう!」といった意識改革的な意味もあったと聞いています。コレステロールを低減させるには、食べ物の内容を改善したりサプリをのむ等の方法があると聞いていますが、実際にそれほど手間なくコレステロールを減らすには、いかなる方法がおすすめでしょうか?
生活習慣病の元凶だとされているのが、タンパク質等と一体化し「リポタンパク質」として血液中を流れているコレステロールなのです。「中性脂肪を減じてくれるサプリメントが現実にあるのだろうか?」などと信じられないのも当然だろうと思いますが、思い掛けないことに医療関係施設におきましても研究が実施されており、効果がはっきりしているものも見受けられるとのことです。
昨今は、食品の中に含まれている栄養素だったりビタミンの量が低減しているという背景から、健康を考慮して、前向きにサプリメントを服用する人が増加してきました。コンドロイチンは、食事によって体内に摂り込むこともできなくはないですが、それオンリーでは量的に少なすぎるので、やっぱりサプリメントなどを利用して補充することが不可欠です。血中コレステロール値が高めだと、いろんな病気に罹る恐れがあります。だとしても、コレステロールがどうしても必要な脂質成分であることも間違いないのです。
ビフィズス菌が腸内に生息している悪玉菌の活動を抑止することにより、身体全体の免疫力を上げることが期待できますし、ひいては花粉症等のアレルギーを楽にすることも望むことが出来ます。機能の面からは医薬品みたいに思えるサプリメントではありますが、現実的には食品に区分けされているのです。そういうわけで、医薬品みたいにいろんな制約があるわけでもなく、誰でも作ったり売ったりすることができるのです。
健康を増進するために、できる限り身体に摂りいれていただきたいのが青魚の健康成分として有名なDHAの「きなり」とEPAなのです。これらの成分を大量に含む魚の脂は、肉の脂とは違って「常温でも固形化することがあまりない」という特性があるのです。

 

 

種々のビタミンを混入させたものをマルチビタミンと呼んでいます。ビタミンにつきましては、色々な種類を適度なバランスで身体に入れた方が、相乗効果が望めるとのことです。セサミンには、体内で発生してしまう有害物質あるいは活性酸素を除去して、酸化を予防する働きがあるので、生活習慣病などの予防ないしは老化阻止などにも効果が望めます。「細胞が年を取るとか身体の機能がパワーダウンするなどの元凶の一つ」と明言されているのが活性酸素というわけですが、セサミンにはこの活性酸素によって生じる害を抑止する効果があることが実験で証明されています。

 
オメガ3脂肪酸と言われているものは、健康を増進してくれる油の一種であり、悪玉コレステロール値を低下させたり中性脂肪を減少させる役目をするということで、熱い視線が注がれている成分だと聞かされました。日頃食している食事内容が乱れまくっていると感じている人とか、より一層健康になりたいと望んでいる人は、取り敢えずは栄養バランス抜群のマルチビタミンの摂取を優先することをおすすめします。

 

 

 

ビフィズス菌の居場所である大腸は、人間の消化器官の最後の通り道でもあります。この大腸で悪玉菌が増えますと、排便は勿論のこと重要な代謝活動が阻まれる形となり、便秘になってしまうのです。人の健康保持・健康増進に必要不可欠な必須脂肪酸のDHAの「きなり」とEPA。この2種類の健康成分を沢山含有している青魚を一日一回食べることを推奨しますが、食の欧米化が災いして、魚を口にする機会が、残念ながら減ってきているのです。
年を重ねれば重ねるほど、身体の内部で作ることが容易ではなくなるグルコサミンは、カニだったりエビの殻にいっぱい含まれているアミノ糖の一種で、通常の食事では摂ることが難しい成分だと言われています。ビフィズス菌が腸内で増殖中の悪玉菌の働きを抑え込むことで、体内全組織の免疫力を上昇させることが期待できますし、そのお陰で花粉症を始めとしたアレルギーを抑制することも出来るというわけです。
中性脂肪を少なくしたいなら、一番大事なのが食事の摂り方だと考えられます。どんな食物をどんな風に食するかによって、中性脂肪の増加度は考えている以上に抑えられます。私たち人間は常にコレステロールを生み出しているわけです。コレステロールと申しますのは、細胞膜を構成している中心的な成分の一つで、貴重な化学物質を生成するという段階で、原材料としても使われています。

 
ビフィズス菌というのは、結構強力な殺菌力を有した酢酸を作り出すということが可能なのです。この酢酸が、悪玉菌の数が増加するのを抑えるために腸内の環境を酸性の状態にし、善玉菌が優位になれる腸を保つ役目を果たしてくれているわけです。注意してほしいのは、辛くなるほど食べないことです。あなた自身が消費するエネルギーと比較してお腹に入れる量が多ければ、それが全て消費されることは望めませんので、中性脂肪はただひたすらストックされてしまうわけです。
生活習慣病に罹患したとしても、痛みなどの症状が出ないのが一般的で、数十年レベルの時間を費やしてジワリジワリと深刻化していきますので、医者に診てもらった時には「後の祭り!」ということがほとんどだとも聞きます。糖尿病だったりがんのような生活習慣病での死亡者数は、全死亡者数のほぼ6割を占めるような状況で、高齢化が急速に進んでいる日本では、その対策を実施することは個々人の健康を守り続ける為にも、何よりも大事ではないでしょうか?