「きなり」のDHAとEPAが含有するオメガ3脂肪酸でプリン体減少?

「きなり」のDHAとEPAが含有するオメガ3脂肪酸でプリン体減少? |

「きなり」のDHAとEPAが含有するオメガ3脂肪酸でプリン体減少?

健康診断で血液検査を行うと、プリン体の数値を知ることが出来るので、そこで初めて基準値よりも高いことに気付く人は少なくありません。

 

 

そのまま放っておくと、痛風になる可能性があるので、尿酸値を下げたいときはきなりを摂取することをおすすめします。「きなり」には、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれているので、プリン体を減少させたいときに役立ちます。DHAとEPAは青魚の油に含まれている成分ですが、近年は魚よりも肉を好んで食べる人が増えているので、昔に比べると、摂取量が少なくなってきています。毎日のようにビールをがぶ飲みしたり、レバーや煮干しなどのプリン体の多い食品を好んで摂っていると、いつのまにか基準値が高くなり、痛風になる確率が高まります。痛風の激痛は実際に体験した人しかわからないものなので、辛い思いをしたくないなら普段の食生活を見直すようにしてください。

 
DHAとEPAを積極的に摂りたいときは、青魚を多く食べると良いですが、マグロやサバを毎日口にするのが難しいなら、「きなり」を摂ると良いでしょう。毎日決まった量を飲むだけで、必須脂肪酸のDHAとEPAを簡単に体内に摂り込めるので、この方法なら続けやすいはずです。DHAやEPAのようなオメガ3脂肪酸は、人間の体の構成や健康を維持するためには欠かせないものです。脳や皮膚の中に多く存在していて、血液の流れを良くする効果や、尿酸の排出を促す効果があるといわれています。
健康診断で尿酸値が高いと言われると、まず最初にプリン体を多く含む食品を食べ過ぎないようにしようと考える方がほとんどです。それももちろん大切ですが、「きなり」で尿酸の排出を促せば、さらに数値が下がりやすくなるでしょう。年齢が高くなるにつれ、血行が悪くなり、代謝が衰えてしまうので、尿酸などの余計なものが溜まりやすくなります。「きなり」でDHAとEPAを摂取すれば、老廃物を排出しやすい、めぐりの良い体になれるので試してみてください。