「きなり」のDHA・EPAとバイアスピリンのサラサラ効果を比較!

「きなり」のDHA・EPAとバイアスピリンのサラサラ効果を比較! |

「きなり」のDHA・EPAとバイアスピリンのサラサラ効果を比較!

きなりとバイアスピリンのサラサラ効果は似ています。

 

 

 

しかし、きなりはサプリメントでバイアスピリンは抗血小板薬という薬です。つまり、サラサラ効果の上ではバイアスピリンの方が高いといえるでしょう。確かに、きなりには血液をサラサラにするDHAやEPA、ナットウキナーゼが成分として配合されています。ですが、やはりサプリメントなので薬のような効果を期待できません。しかし、継続することで動脈硬化の予防につながるでしょう。まずバイアスピリンですが、これは抗血小板薬と言って動脈硬化が原因で出来る白色血栓を溶解させるための薬になります。

 

 

 

動脈硬化とは動脈が狭くなったり、もろくなったりする病気のことです。この主な原因は加齢のほかに、悪玉コレステロールが増えることでも起こります。悪玉コレステロールは糖質の取りすぎが原因で増えるのですが、厄介なことに血管の中に入り込んで、プラークというコブをつくる性質があります。そして、このプラークが何かの拍子で剥がれると、血小板が集まってきて、血栓ができるというわけです。この血栓を白色血栓というのですが、この血栓を溶解させるための薬がバイアスピリンになります。つまり、バイアスピリンは動脈硬化が原因で出来る血栓を溶解させて、血液をサラサラにする薬になります。

 

 
一方きなりですが、こちらは動脈硬化で出来る血栓を溶解させるほか、血管や赤血球を柔らかくして血流をスムーズにする働きがあります。まず、血栓に働くのがEPAとナットウキナーゼです。EPAには血小板が固まりにくくする働きがあります。また、ナットウキナーゼは血栓の主成分のフィブリンを直接溶解させたり、血栓溶解酵素の前駆体のプロウロキナーゼを活性化して、血栓を作りにくくします。そして、DHAは血液の主成分である赤血球を柔らかくしたり、血管をしなやかにしたりすることで、血流をスムーズにする働きがあります。他にも、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるため、動脈硬化の予防につながります。つまり、きなりにはバイアスピリンのような即効性はありませんが、動脈硬化の予防に効果的と言えるでしょう。

 

 

 

 

コエンザイムQ10には「還元型」と「酸化型」の2つのバリエーションがありまして、体の中で働いてくれるのは「還元型」の方です。そういう理由でサプリメントを選抜するような時はその点をキチンと確かめることが必要です。中性脂肪を低減する為には、食事内容を見直すことが大切ですが、並行して続けられる運動に勤しむと、より効果が得られるでしょう。
親兄弟に、生活習慣病に罹患している人がいるという状況の方は、気を付けてほしいと思います。親兄弟といいますのは、生活習慣がほとんど同じだと考えられますので、同じ類の疾病に冒されやすいとされているのです。

 

 

 
我々人間の健康維持に欠くことができない必須脂肪酸の一種であるEPAとDHAの「きなり」の「きなり」。この2つの健康成分をたっぷりと含んでいる青魚を毎日毎日食べるのが理想ですが、肉類を中心とした食生活になってきたために、魚を口にする機会が、残念なことに減少してきているとのことです。病院などで頻繁に耳に入ってくる「コレステロール」は、年を取れば皆さん引っかかるワードのはずです。人によっては、命が保証されなくなることも想定されますから注意することが要されます。

 

 

 

 

コレステロールを多く含む食品は口に入れないようにしてください。はっきり言って、コレステロールをたくさん含んでいる食品を食すると、瞬く間に血中コレステロール値がアップする人も見受けられます。生活習慣病と呼ばれるものは、日頃の生活習慣に影響される部分が大きく、全般的に言って30歳代以上から症状が出る可能性が高まると公表されている病気の総称となります。ビフィズス菌につきましては、ヨーグルト関連の成分として取り上げられるので、たまに「乳酸菌の一種に違いない」などと聞こえてくることもありますが、はっきり言って乳酸菌とは異なり善玉菌に属します。

 

 

 
大切なことは、過度に食べないことです。各々が暮らしていく上で必要なエネルギーよりも飲み食いする量が多いとすれば、それが全て消費されることは期待できませんので、中性脂肪はますますストックされることになります。年を取れば、身体内部で生成することが容易ではなくなると言われているグルコサミンは、カニまたはエビの殻にたくさん包含されているアミノ糖の一種で、日常的な食事からは簡単には摂ることができない成分なのです。「便秘状態なので肌荒れがすごい!」とおっしゃる人も結構いますが、こうなるのは悪玉菌が原因だと考えられます。そのため、悪玉菌の働きを抑止するビフィズス菌を身体に摂り込むようにすれば、肌荒れも必ずや治ってくるでしょう。

 

 

 
マルチビタミンと呼ばれているものは、数種類のビタミンを配合したサプリメントなのです。ビタミンに関しては幾つかのものを、適度なバランスで同じ時間帯に体内に入れると、更に効果が上がるそうです。セサミンには血糖値を引き下げる効果や、肝機能をより良くする効果などを望むことができ、サプリに利用される栄養として、目下人気を博しています。コエンザイムQ10に関しては、損傷を負った細胞を修復し、表皮を健全な状態にしてくれる美容成分なのです。食物を介して摂り込むことは困難で、サプリメントで補うことが求められます。「細胞のエイジングや身体の機能がダウンするなどの要因の1つ」と言われ続けているのが活性酸素なのですが、セサミンにはこの活性酸素がもたらす害を阻止する働きがあることが分かっています。

 

 

病気の名称が生活習慣病と改変されたのには、病気の原因を作らないためにも、「常日頃の生活習慣を正常化し、予防に精進しましょう!」といった意識上のイノベーション的な意味もあったと聞いています。中性脂肪を取る為には、食事内容を見直すことが大切ですが、併せて無理のない運動を行なうようにすれば、より一層効果が得られるはずです。コンドロイチンと言いますのは、ギリシア語の「軟骨」からきておりまして、弾力性とか水分を保持する作用があり、全身の関節が軽快に動くことを可能にしてくれているのです。マルチビタミンというものは、色んなビタミンを内包させたサプリメントなのです。ビタミンというものは幾つかを、配分バランスを考慮しセットのようにして身体に入れると、更に効果が上がるそうです。

 

 

 
常日頃落ち着いた時間が確保できない人にとっては、食事により人が生命活動をする上で必須となるビタミンなどを摂るのは無理だろうと思いますが、マルチビタミンを飲むようにすれば、身体に取って欠かせない栄養素を楽々補給することができるわけです。種々のビタミンを混入させたものをマルチビタミンと言っているのです。ビタミンというものは、様々な種類をバランスに配慮して体内摂り込んだ方が、相乗効果が望めると指摘されています。機能性から判断すればクスリと全く同一のように思えるサプリメントなのですが、日本国内では食品だとされています。そういうわけで、医薬品のように厚労省の厳しい規制もなく、誰でも製造・販売することができるのです。

 

 

 
生活習慣病につきましては、日々の生活習慣に大きく影響され、一般的に見て30歳代の半ば頃から発症する確率が高まるというふうに言われる病気の総称です。糖尿病やがんといった生活習慣病による死亡者数は、全体の死亡者数の6割程度を占めており、高齢化が急速に進んでいる日本では、その予防はご自身の健康を保ち続けるためにも、とっても大切だと思います。ビフィズス菌と申しますのは、ヨーグルト関係で特集されたりするので、往々にして「乳酸菌の一種だ」などと耳に入ってきたりしますが、実際には乳酸菌ではなく善玉菌に分類されます。

 

 

 

 

EPAとDHAの「きなり」の「きなり」の2者共に、中性脂肪やコレステロールを減らすのに実効性がありますが、コレステロールに対してはDHAの「きなり」の方が、中性脂肪に対してはEPAの方が有益だと指摘されています。日常的な食事では摂ることが不可能な栄養を補充することが、サプリメントの役割だと思っていますが、もっと積極的に服用することによって、健康増進を狙うことも大切ではないでしょうか?

 

 

 
マルチビタミンサプリを適宜利用するようにすれば、日頃の食事ではそれほど摂ることができないミネラルやビタミンを補給できます。全ての身体機能を上向かせ、心を安定化させる効果が認められています。「階段をのぼる時に激痛が走る」など、膝の痛みに苦悩している大多数の人は、グルコサミンの量が減ったことで、体の中で軟骨を形成することが困難な状態になっているのです。ビフィズス菌が腸内に生息している悪玉菌の働きを抑え込むことで、全組織の免疫力を上昇させることが可能で、それによって花粉症を典型としたアレルギーを快方に向かわせることも期待できるのです。