「きなり」のDHA&EPAがセロトニンを活性化させ目覚めスッキリ?

「きなり」のDHA&EPAがセロトニンを活性化させ目覚めスッキリ? |

「きなり」のDHA&EPAがセロトニンを活性化させ目覚めスッキリ?

なかなか眠れない、朝起きてもスッキリしない、昼間に眠くてたまらなくなるなどの睡眠障害を抱えている人は、セロトニンが不足している可能性があります。

 

 

「きなり」にはDHAとEPAという、セロトニンの分泌を活性化させる成分が含まれているので、睡眠障害を改善したい方は摂取するようにしましょう。生成量が減っていたセロトニンの分泌が増えると、心身がリラックスして、ストレスから解放されるので、ぐっすりと眠れるようになります。分泌量が少ないと、精神を落ち着かなくなるので、睡眠障害だけでなく、うつ病を発症することもあるので注意しなければなりません。昼間に分泌されるセロトニンからは、睡眠ホルモンといわれるメラトニンが生成されています。このメラトニンは日中のセロトニンの分泌量が少ないと、生成される量も減少するため、睡眠に影響が出るようになります。

 
昼と夜が入れ替わったような生活をしている人は、睡眠に必要なメラトニンの量が少ないので、睡眠障害を起こしやすくなるといわれています。よく眠れない状態が続くと、日中のストレスや疲れが解消されなくなるので、うつ病にかかりやすくなります。うつ病の人の多くは、睡眠障害にもかかっていますから、メラトニンの量を増やすためには、セロトニンを活性化させなければなりません。「きなり」でDHAとEPAを摂取すれば、分泌が活性化しますから、定期的に摂取すれば、目覚めスッキリの毎日を送れるようになります。

 
セロトニンは、脳内物質のノルアドレナリンやドーパミンの働きをコントロールできるので、不安感をなくし、心を安定させたいときに役立ちます。うつ病の処方薬には、セロトニンに作用する物質が含まれているほどなので、不足を補えば、すこやかに生活できるようになるでしょう。不足したまま放っておくと、睡眠障害やうつ病になりやすいだけでなく、衝動的や攻撃的な性格となり、食欲や性欲が増すことがわかっています。過剰になった場合は痙攣や錯乱を起こすこともあるので、摂り過ぎないようにしてください。