モンドセレクション金賞!DHA&EPAの「きなり」が選ばれる理由

モンドセレクション金賞!DHA&EPAの「きなり」が選ばれる理由 |

モンドセレクション金賞!DHA&EPAの「きなり」が選ばれる理由

健康系サプリメント「きなり」は2年連続でモンドセレクションの金賞を受賞しています。

 

 

モンドセレクションは優れた食品や飲料、化粧品などの商品を評価するイベントで毎年ベルギーで開催されます。世界中から商品が集められて金・銀・銅賞が選ばれるのですが、金賞を受賞するというのはとても名誉なことで、その品質の良さが世界的に認められたという証拠でもあります。なぜ、きなりはここまで高評価を得たのでしょうか。それは含まれている成分が優れているからです。まず、DHAとEPAの含有量が2粒で約500mgという多さです。

 

 

 

DHAは頭の働きを良くしてくれる働き、EPAは血栓を溶かして血液の流れをスムーズにする働きがあります。これらは、鯖や鰯などの青魚に含まれているのですが、1日の摂取目安である1000mgを摂るには大量に食べなくてはなりません。それがきなりなら、簡単に取り入れられられます。また、DHA・EPAの鮮度を保つために配合された魚油にはアスタキサンチンが含まれています。アスタキサンチンは高い抗酸化力を持っていて、身体中の老化現象を防ぐ働きがあります。

 

 

こちらも鮭や甲殻類からしか摂れないので、毎日摂るのは難しいですよね。そして、納豆に含まれるナットウキナーゼも配合されています。ナットウキナーゼは血液と血管を健康に保ち、コレステロールや中性脂肪を減らしたり生活習慣病を予防する働きがあります。善玉菌を増やしてくれるので便秘も改善されます。きなりは、それぞれの成分が頭と血と腸と肌と、体のあらゆる部分に効いていくので全身がバランス良く健康になっていきます。そして、魚臭さを感じない製法にしたり、マルハニチロと共同開発をして品質を保つなど利用者が安心して心地よく使えるように細かな配慮がされています。そうした心遣いも評価されたのです。今までの不摂生を後悔している方、まだ諦めてはいけません。きなりが健康な体まで導いてくれるかもしれないですよ。

 

 

 

 

コエンザイムQ10というものは、損傷した細胞を元の状態に戻し、お肌をピカピカにしてくれる美容成分だと言えます。食事から摂取することは至難の業で、サプリメントで補給する必要があります。コレステロールを低減させるには、食べ物の内容を改善したりサプリをのむといった方法があると聞いたことがありますが、現実に容易にコレステロールを減らすには、どういう方法がおすすめでしょうか?

 

 

 
人間の体の内部には、百兆個単位の細菌が存在していると公表されています。そのすごい数の細菌の中で、体に対して有効な働きをしてくれるのが、よく知られている「善玉菌」であり、その中でも特に世に浸透しているのがビフィズス菌というわけです。体内にある血管壁に付いているコレステロールを肝臓に運搬する役目をするHDL(善玉)と、肝臓に溜まっているコレステロールを体内のすべての組織に運搬するという働きをするLDL(悪玉)があると言われています。

 

 

 
ビフィズス菌が腸内にある悪玉菌を低減することによって、身体全体の免疫力を一層強力にすることが望め、そのお陰で花粉症を筆頭とするアレルギーを抑えることもできるのです。コレステロール含有量が高めの食品は買わないようにしたほうが賢明です。びっくりされるかもしれませんが、コレステロール含有量の多い食品を摂ると、あっという間に血中コレステロール値がアップする人も見受けられます。

 

 
ビフィズス菌が生息する大腸は、人間の消化器官の最後の要所と言うことも出来ます。この大腸で悪玉菌が増えますと、排便などの重要な代謝活動が抑止され、便秘に苦しむ日々を過ごすことになるのです。セサミンには肝臓でできる活性酸素を消去して、肝細胞の働きを強くする作用があると聞きます。しかも、セサミンは消化器官を経由する時に消え失せてしまう心配も要されず、100パーセント肝臓に届く特異な成分だということも分かっています。

 

 

 
コエンザイムQ10と呼ばれるものは、元を正せば人の身体内にある成分なわけですから、安全性には問題がなく、身体に不具合がでるなどの副作用も全くと言っていいほどないのです。
生活習慣病に罹ったとしても、痛みや苦しみなどの症状が出ないと思っていた方がいいくらいで、長い年月をかけて少しずつ、しかし着実に深刻化していきますので、異常に気が付いた時には「何ともしようがない!」ということが少なくありません。

 

 

 

 

コエンザイムQ10は、実際のところ医薬品の中の一種として取り扱われていた程信頼性のある成分でありまして、そういった理由から健康補助食品などでも使用されるようになったと耳にしました。食事内容を改めたり運動をすることで、ビフィズス菌の数をアップさせることが望ましいですが、おいそれとは平常生活を変えることは不可能だと言われる方には、ビフィズス菌が混入されたサプリメントでも実効性があります。

 

 

 
セサミンには、身体のいろんな部位で生み出される有害物質ないしは活性酸素を除去したりして、酸化を妨害する効果があるということが明らかになっているので、生活習慣病などの予防であるとか老化予防などにも抜群の効果を示してくれます。病気の名が生活習慣病と改変されたのには、病気の原因をなくす為にも、「常日頃の生活習慣を適正化し、予防にも目を向けましょう!」というような意識上のイノベーション的な意味もあったようです。生活習慣病の素因であると言われているのが、タンパク質等と繋がり「リポタンパク質」に姿を変えて血液中に浸透しているコレステロールなのです。

 

 

 

生活習慣病に陥らない為には、計画性のある生活を貫き、しかるべき運動に毎日取り組むことが不可欠です。飲酒やタバコもやらない方が良いに決まっています。DHAの「きなり」もEPAも、中性脂肪であるとかコレステロールを減少させるのに有益ですが、コレステロールに対してはDHAの「きなり」の方が、中性脂肪に対しましてはEPAの方が効果的だと言われることが多いです。

 

 

 
サプリにして身体に取り入れたグルコサミンは、消化器官を通過する際に吸収されてから、全ての組織に運ばれて利用されるという流れです。実際的には、利用される割合により効果が期待できるかどうかが決まるのです。日本国内では、平成8年からサプリメントの販売が出来るようになったと聞きました。原則としてはヘルスフードの一種、若しくは同種のものとして定義されています。

 

 

 
マルチビタミンには、一切のビタミンが含まれているものや、3~4種類だけ含まれているものが存在し、それぞれに入っているビタミンの量も違っています。コエンザイムQ10に関しては、全身の諸々の部位で細胞の錆び付きを防いだり、細胞が被ったダメージを癒すのに寄与する成分ですが、食事で補給することは不可能に近いということが分かっています。人の身体内には、100兆個をはるかに超す細菌が存在しているとされています。そのすごい数の細菌の中で、体にとって重要な役割を果たしてくれますのが「善玉菌」というもので、その中でも著名なのがビフィズス菌というわけです。

 

 

 
真皮と言われる部位に存在するコラーゲンが低減するとシワが発生してしまうのですが、コエンザイムQ10を半月近く休みなく服用しますと、有り難いことにシワが浅くなるようです。年齢に伴って関節軟骨が擦り減り、終いには痛みが発生してきますが、グルコサミンを積極的に補うことで、関節軟骨が正常な状態に近づくと聞かされました。365日慌ただしい時を過ごしている人にとっては、食事によって人間が生きていく上で要するビタミンなどを賄うのは不可能に近いと言えますが、マルチビタミンを有効に活用すれば、絶対必要な栄養素を迅速に補填することが出来ます。

 

 

 

 

セサミンと称されているのは、ゴマに内包される栄養のひとつでありまして、例のゴマ一粒に1%前後しか含まれていない抗酸化物質である「ゴマリグナン」の中に存在している成分の1つなんだそうです。セサミンには、身体の中で生まれる有害物質あるいは活性酸素を除去して、酸化を抑制する効果があるので、生活習慣病などの予防や若返りなどにも実効性があります。
病院などでよく聞くことがある「コレステロール」は、成人の男女なら誰もが気に掛かる言葉ではないでしょうか?状況次第では、命が保証されなくなる可能性もありますので注意するようにしてください。

 

 

 
セサミンには肝臓で生じてしまう活性酸素を排し、肝細胞の働きをスムーズにする作用があることが証明されています。更に言いますと、セサミンは消化器官を通る最中に消えてなくなるというような事もなく、しっかりと肝臓に達することが可能な貴重な成分だとも指摘されています。病気の呼び名が生活習慣病と決定されたのには、病気の原因を摘み取るように、「あなたの生活習慣を直し、予防に勤しみましょう!」というような啓発的な意味も含まれていたと教えられました。