介護を楽にするサプリ、DHA&EPA配合「きなり」がおすすめの理由

介護を楽にするサプリ、DHA&EPA配合「きなり」がおすすめの理由 |

介護を楽にするサプリ、DHA&EPA配合「きなり」がおすすめの理由

介護をする人の物忘れがひどい状態だと、自分でできることが減ってきたり、勘違いした行動によって、かえって介護するのが大変になることがあります。

 


そして、物忘れに対処しておかないと、どんどん症状が進行して、認知証を発症してしまう恐れがあります。そうなると、徘徊など、より一層介護するのが大変になってきてしまいます。物忘れに対処するためには、脳の記憶を司っている海馬の働きを回復させないと、物忘れを改善させることができません。海馬は、別の脳の組織と比較するとDHAが量が多い構成になっているという特徴があります。年齢を重ねることによってDHAは少なくなっていくため、積極的に摂取することによって海馬の機能を、ある程度回復させる効果を得ることが期待できます。どれが、DHAだけでなくEPAを豊富に配合している「きなり」というサプリメントをおすすめできる理由の一つとなります。
そして、DHAには、脳の情報を伝達する能力を高める働きがあり、頭脳の回転が速くなることも期待できます。脳にある神経の細胞は、ニューロンというもので構成されていて、そのニューロンの触手を、お互いに伸ばして繋がることによって情報が伝わるようになっています。その触手の部分のことをシナプスといい、シナプスを主に構成している成分がDHAになります。シナプスの量が多くなると、頭脳に情報を伝達できる経路も多くなり、そこから必要ないシナプスを間引いていくことによって、一番速く回答を導き出せる回転が速い頭脳に近づけることができます。
このシナプスが間引かれるようになるには、勉強や、運動、普段行っていないことに挑戦したりするなどといった、色々な刺激を受けることが必要になります。DHAが配合されている「きなり」を摂取するのと一緒に人生をアクティブに楽しむことによって、より一層回転が速い頭脳に進歩していきます。DHAには、血液の流れを改善させてくれる働きもあります。血液の流れが改善されると脳に栄養分や、酸素が行き亘って、働きが改善させることが期待できます。