DHA・EPAの「きなり」サプリを飲むベストタイミングは食後?

DHA・EPAの「きなり」サプリを飲むベストタイミングは食後? |

DHA・EPAの「きなり」サプリを飲むベストタイミングは食後?

きなりは、DHA・EPAのサプリメントです。

 


DHA・EPAの1日の摂取目安量は1,000mgとされていますが、そのうちの500mgはサプリメントで摂取しても良いと言われています。しかし500mgという摂取量は、クロマグロの赤身の刺身に換算すると、何とおよそ5人前にもなります。その為、いくらサプリメントであっても500mgを摂取するのは、なかなか難しいと言えるでしょう。実際に、他社のサプリメントでは4粒あたり125mgや300mgといった値になっており、500mgには及びません。そこでオススメしたいのが、「きなり」です。「きなり」は何と4粒あたり500mgの摂取目安量に到達する、DHA・EPAが配合されているサプリメントなのです。

 
しかも特殊製法によって魚臭さをブロックしているので、魚の匂いが苦手という方でも、ラクに摂取できます。そんな「きなり」を、より効果的に摂取するベストタイミングは、食後と言われています。何故なら食後は、消化器系がしっかりと活動しているからです。その為、1日3食、食後に1粒ずつ摂取すると、合計3粒摂取する事が出来ます。そして残りの1粒は、3時のおやつのような休憩時間に摂取すると良いでしょう。毎食後に摂取するのが面倒だという方は、朝晩の2回、食後に2粒ずつ摂取すると、合計4粒摂取する事が出来ます。

 
基本的に、「きなり」はどのタイミングで摂取しても問題はなく、飲むタイミングも特に定められていません。その為、好きな時に摂取する事が出来ますが、胃腸への負担を軽減するという意味でも、食後に飲むのがベストタイミングと言えるでしょう。また、DHA・EPAの1日の摂取目安量は、先にも紹介したように1,000mgです。そこで、「きなり」で摂取する事が出来る500mgだけでなく、残りの500mgは食事から摂取するように心がける事も、大切です。「きなり」を飲むタイミングだけに気を配らず、食事のバランスにも配慮しましょう。