DHA&EPAの「きなり」がプロスタグランジンを減らす!?

DHA&EPAの「きなり」がプロスタグランジンを減らす!? |

DHA&EPAの「きなり」がプロスタグランジンを減らす!?

DHAとEPAを高配合している「きなり」を、1日4粒目安で摂取すると、さまざまな健康効果を期待することが出来ます。

 

 

DHAとEPAとは青魚に豊富に含まれている必須脂肪酸のことで、健康の維持や増進に役立つので、厚生労働省が1日1000mgの摂取を推奨しているほどです。青魚をほとんど食べる習慣のない人が、いきなり食生活を変えるのは難しいので、ソフトカプセルで飲みやすい、「きなり」を摂取するようにしましょう。悪玉コレステロールの減少に役立つDHAと、血中の中性脂肪濃度を下げる働きのあるEPAを同時に摂れるので人気があります。EPAには、中性脂肪を減らしたり、悪玉コレステロールを除去する善玉コレステロールを増やす働きがあるので、血のめぐりを良くして、高血圧や動脈硬化を防ぐ効果を期待できます。アレルギー症状の緩和にも役立つので、花粉症やアトピーにお悩みの方は利用するようにしてください。
アレルギー症状が起こる原因にはプロスタグランジンという物質がかかわっているといわれています。EPAはプロスタグランジンを抑制するためのサポートが出来るので、辛い症状を和らげたいときは摂取すると良いでしょう。プロスタグランジンには子宮を収縮させる作用があるので、量が増えると生理痛が重くなります。生理痛がひどくなると、活動しにくくなってしまうので、症状を和らげたいときはEPAを摂取して、プロスタグランジンを減らすようにしてください。
辛い生理痛を改善できるだけでなく、EPAには乾燥などの肌トラブルを改善にも役立つといわれているので、女性は積極的に摂取すると良いでしょう。皮膚の角質層をつなぎとめるというヒアルロン酸のような働きがあるので、プルプルの肌になれます。角質層がまとまらずにバラバラになると、バリア機能が低下し、乾燥肌などの肌トラブルが起こりやすくなるので、寒い季節は特にに粉をふいたり、かさつくことが増えるようになります。「きなり」を摂取すれば、女性に嬉しい効果がたくさんあるので、健康や美容に関心がある方は摂取するようにしましょう。