DHA&EPAの「きなり」は、魚を摂らないベジタリアンの救世主!

DHA&EPAの「きなり」は、魚を摂らないベジタリアンの救世主! |

DHA&EPAの「きなり」は、魚を摂らないベジタリアンの救世主!

植物性の食品による食生活を行っている人たちはベジタリアンと呼ばれています。

 


ベジタリアンは、植物性の食品しか口にしない人が多いので、肉や魚を全く摂らないという方も少なくはありません。このような食生活を続けていると、栄養バランスが偏ってしまう可能性があります。DHAやEPAは、野菜や肉にはほとんど含まれておらず、主に魚から摂ることができる成分ですDHAは、私たちの体に不可欠な脂肪酸であり、血圧やコレステロール値を正常に保つ作用や、脳や神経の発達に大きく関係している成分です。

 
そのため、私たちの健康維持に欠かすことができない重要な成分です。EPAは、血栓の予防や抗炎症作用などがあり、高血圧の予防に効果があると言われている成分です。ベジタリアンは、魚も口にしない人が多いので、健康維持のために必要なDHAやEPAを食事から摂取することができません。だからと言って全く成分を摂取しないと健康維持に問題が起こる場合があるので注意が必要です。

 
そんな魚を食べないベジタリアンの救世主と呼ばれているサプリメントがあります。それは、きなりというサプリメントです。DHAとEPAの1日の摂取目安量は1000mgです。魚を積極的に食べている人でも、この量を摂取することは難しい場合があります。きなりは、1日4粒摂取するだけで500mgを摂取することができるので、ベジタリアンはもちろんですが、普段の食生活の中で摂取が難しいという方にもおすすめのサプリメントです。

 
この500mgという量は、クロマグロの赤身の刺身約5人前分に匹敵します。さらにきなりは、DHAやEPAを酸化させないアスタキサンチンが配合されたクリルオイルを使用しています。クリルオイルのDHA、EPAは、水にすばやく溶けるので、吸収率が良く、高い効果を実感することができます。食事で摂取できない成分は、サプリメントで補うことにより、健康な体を保つことができるので、きなりの摂取を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

中性脂肪というものは、身体内に蓄積されている脂肪の一種と言われます。生命活動の為に体内で作られたエネルギーの内、使われることがなかったものが皮下脂肪と化してストックされることになりますが、それらの大部分が中性脂肪だそうです。グルコサミンは軟骨のターンオーバーを促進し、老化を抑制するような働きをするのですが、ここでご案内するコンドロイチンは、軟骨の保水力であったり柔軟性をレベルアップさせる働きをすると考えられています。

 

 
脂肪細胞内に、消費することができなかったエネルギーがストックされたものが中性脂肪と言われているもので、酸性とアルカリ性のどちらの性質も持ち合わせているということから、この様な名称が付けられたと教えられました。マルチビタミンを適宜利用するようにすれば、通常の食事ではそれほど摂ることができないミネラルとかビタミンを補給できます。全ての身体機能を向上させ、不安感を取り除く作用があります。

 

 
コエンザイムQ10というものは、全身の色んな部位で細胞の錆び付きを防いだり、細胞が負ったダメージを正常状態に戻すのに作用する成分ですが、食事で充足させることは基本的に無理だと聞きます。ビフィズス菌が存在する大腸は、人間の消化器官の最後の通路でもあります。この大腸が悪玉菌で一杯になってしまうと、排便などの生命維持活動の基本となる代謝活動が妨げられ、便秘に苛まれることになるのです。

 

 
コンドロイチンと呼ばれているのは、関節の機能性を維持するために必要な軟骨に含有される成分なのです。関節部分の骨端同士の激突防止だったり衝撃を緩和するなどの非常に大切な役目を担っていると言えます。EPAとDHAの「きなり」の「きなり」は、双方とも青魚に豊富に含まれるオメガ3系の脂肪酸なのです。血液の流れを滑らかにしたり、脳の働きを良くする効果があると認められており、安全性の面でも心配不要の成分なのです。

 

 
ビフィズス菌は、ヨーグルトと一緒に話題にされることがほとんどなので、時折「乳酸菌の仲間だ」などと耳にすることもあるのですが、正解は乳酸菌などではなく善玉菌の一種です。
機敏な動きについては、骨と骨との繋ぎ目にある軟骨がクッションの役割を担ってくれることで実現できているのです。けれども、この軟骨の重要な構成成分の1つであるグルコサミンは、年齢を重ねれば重ねるほど減少してしまうと言われます。

 

 

マルチビタミンと言いますのは、色々なビタミンを内包させたサプリメントなのです。ビタミンと呼ばれるものは色々なものを、配分バランスを考慮し同じ時間帯に身体に摂り込むと、より効果が高まると言われます。年を取るにつれて関節軟骨が薄くなり、その為に痛みに苦しめられるようになりますが、グルコサミンを体内に入れることで、関節軟骨が恢復することが実証されています。

 

 
魚が有する有難い栄養成分がDHAの「きなり」とEPAというわけです。この二つの栄養成分は脂になるわけですが、生活習慣病を防止するとか良くすることができるなど、我々にとりましては不可欠な栄養成分であるのです。ムコ多糖類の仲間であるコンドロイチンを構成する成分がグルコサミンであり、具体的には、このムコ多糖類が関節であるとか皮膚の組織を柔らかくし、潤いをキープする役目を果たしているとされています。ご存知の通り、ビフィズス菌は年齢を重ねれば少なくなるのが通例です。しかも、どんなに計画性のある生活を実践し、バランスを考慮した食事を食べても、その思いなど無視する形で低減してしまうものなのです。

 

 

人間は身体内でコレステロールを生み出しているわけです。コレステロールは、細胞膜を作っている成分のひとつだということが証明されており、体に必須の化学物質を生み出すという際に、材料としても消費されます。サプリとして身体に取り入れたグルコサミンは、体内の消化器官で吸収された後、各々の組織に送られて利用されるわけです。ハッキリ言って、利用される割合によって効果の大小が決まります。

 

 

 
セサミンには、全身で生じてしまう活性酸素であったり有害物質を取り去り、酸化を食い止める効果がありますから、生活習慣病などの予防であったり老化対策などにも効果があります。コエンザイムQ10は、正直言って医薬品として用いられていた程実績のある成分であり、それがあるので機能性食品などでも利用されるようになったのだそうです。オメガ3脂肪酸と言われるのは、体を正常化するのに役立つ油の一種だとされていて、悪玉コレステロール値を引き下げたり中性脂肪を減らすのに役立つということで、すごく脚光を浴びている成分らしいですね。

 

 

 

グルコサミンは、擦り減った関節軟骨を復元するのはもとより、骨を作り上げる役割を担っている軟骨芽細胞自体の働きを活発にさせて、軟骨を強靭化する作用もあるとのことです。EPAを体内に摂り入れると血小板がくっつきづらくなり、血液の流れが円滑になります。言い換えると、血液が血管で詰まることが少なくなるということを意味しているのです。糖尿病だったりがんのような生活習慣病が原因での死亡者数は、全体の死亡者数の60%前後に上っていて、高齢化が進む我が日本におきましては、生活習慣病予防は個々人の健康を守り続ける為にも、実に大事ではないでしょうか?

 

 
コエンザイムQ10と呼ばれているものは、生来人の身体内にある成分だというわけですから、安全性の面でのリスクもなく、身体が拒否反応を示すなどの副作用もほとんどないのです。マルチビタミンは勿論、他にサプリメントも利用しているとしたら、両者の栄養素の含有量をリサーチして、制限なく服用しないようにしなければなりません。セサミンには血糖値を降下させる効果や、肝機能を高める効果などを望むことができ、健康補助食品に内包される栄養成分として、ここ最近高評価を得ていると聞いています。

 
体内の血管の壁にくっついているコレステロールを肝臓に運ぶ働きをするHDL(善玉)と、肝臓のコレステロールを体内の至る所にばら撒く役割をするLDL(悪玉)があるようです。至る所の関節痛を和らげる成分として、あなたもご存知の「グルコサミン」ですが、「どうして関節痛の解消に効くのか?」について解説させていただきます。コンドロイチンは、人間の角膜だったり皮膚などを構成する成分のひとつでもあるのですが、殊に豊富に含有されているのが軟骨だと言われています。軟骨を構成する成分の3割余りがコンドロイチンだと発表されています。グルコサミンとコンドロイチンは、両方共に最初から身体の内部に備わっている成分で、現実的には関節を思い通りに動かすためには欠かせない成分だと言われています。