DHA&EPAサプリの「きなり」の1日の目安摂取量は4粒?

DHA&EPAサプリの「きなり」の1日の目安摂取量は4粒? |

DHA&EPAサプリの「きなり」の1日の目安摂取量は4粒?

「きなり」というサプリメントには魚の油から抽出されたDHAや、EPA

 

 

ナットウキナーゼや、クリルオイル、ビタミンB群などといった成分が配合されていて、1日の摂取量を4粒にすることが推奨されています。

 


摂取の仕方のポイントになるのが身体に吸収されやすい時間帯で、目的に合った摂取する方法を選ぶことになります。サプリメントなので特に決められた摂取する方法があるという訳ではないのですが、まとめて一度に摂取するより、何度かに分けて摂取した方が効率的に身体に吸収されるのは確かであるということになります。食事を摂る前であっても、食事をしている最中でも食事の後でも配合されている成分が影響を受けることはないのですが、身体に吸収されやすくすることを考えると消化器系が活発に活動している食事の後に飲むのが効果的に摂取する方法になります。
1日3回の食事の後に1粒ずつ飲むことによって1日の摂取量である4粒の内3粒分を摂取することが可能です。残りの1粒についてはいつ摂取しても問題ありません。昼食の後に摂取するのが面倒な場合は、朝食と夕食の後に2粒ずつ摂取するというのも良い方法の一つになります。夕食の後ではなくに寝る前に摂取したとしてもナットウキナーゼの血栓ができるのを防ぐ効果を明け方に得ることが期待できます。きなりは医薬品ではなくサプリメントなため、食事の前に摂取しても食事の後に摂取しても問題はありません。
しかし、食事の栄養分を補助するものであると考えると、食事の後に摂取する方が胃腸に負担をかけずに摂取し続けることができます。「きなり」は1パッケージに120粒が入っていて、1ヶ月分と考えると1日の摂取量は4粒となります。もちろん、食べ物からDHAや、EPAといった成分を摂取することができれば最も良いのですが、毎日そんなに魚料理を食べることはできません。ですので、厚生労働省が定める摂取基準をオーバーしないのであれば1日に8粒摂取しても問題はありません。